占い哲学

占い師になるには

客層を上げてスリ減らない占い師になるには

占い師という仕事を続けていると、残念ながら、まれにこの人だけはどうしても対応できないという困ったお客様がやってきます。良識のある占い館や電話占いサイトに所属していれば、そういった客層は運営が排除してくれます。しかし、それだけに頼らずに占い師自身も自衛の策を講じて、お客様の層をあげていく努力が必要です。

占い師になるには

告白を考える! 手段・シチュエーション・タイミング

愛の告白という甘美な儀式の実態を、いくつかのデータを元に検証して、占いで告白の成功率を上げる方法を考えてみました。タロット占いや生年月日の占いによって告白の成功率を上げるにはどうするのがよいかを検討しています。そもそも告白が必要なシチュエーションとは何かに立ち返って深い目線で告白を考察します。

占い師になるには

元実技試験官が教える占い師になるにはどうすればよいのか

占い師になるにはどうすればよいのか、元電話占いサイトの実技試験官にして現役占い師の筆者が、幅広く解説します。霊感や資格など、必要なものはあるのか、どのような勉強をするのがよいのか、そしてどのような仕事があってどれくらい儲かるのか、占い師という職業について知りたいことのすべてにお答えいたします。

占い師になるには

当たり外れと占い! 占い師になるには避けて通れない重要課題

占いにおける最も重要な要素の一つは、当たり外れです。占い師にとって、占いが当たることはとても大切なことですし、当て物ができなければ適切なアドバイスもできないかもしれません。電話占いの面接官としての経験を踏まえて、当たる占い師になるためにはどんな考え方が有効かを検討してみました。

タイトルとURLをコピーしました