一電話占い師の日乗 2019年5月前半

 尊敬する私小説作家の日乗を真似て、電話占い師としての日々の生活を記します。通常業務の日は、朝の9時から13時まで電話占いで仕事をして、その後4時間の休憩を取って、17時から21時まで働いています。この日記は、その4時間の出来事と夜の慎ましやかな晩酌が主題です。

5月1日(水)

 通常業務。天皇陛下の即位後朝見の儀をAbemaTVで見ようと思っていたが、それなりに忙しかった。夕食は近所のスーパーで買った韓国風の焼き鳥パックでハイボールを5杯。

5月2日(木)

 通常業務。世間は連休であるが、電話占いが特に忙しいということはない。むしろお客様が忙しいと見えて、久しぶりに少し暇な一日だった。夕食は刺身。

5月3日(金)

 休日。幕張のどきどきフリーマーケットへ。今年の五十六謀星もっちぃは何も買い物をしなかったが、これには毎年遊びに行っている。何せ時折、占いに関するとても重要なグッズを発見することがある。またあるいは、ディズニーグッズのレアものを掘り出すこともある。昼食はインド料理のバイキングにいこうとしたが、ランチタイムが終了していたため和幸のとんかつにした。

5月4日(土)

 通常業務。妻が美容室に行ったため、昼休みは一人でアリオの本屋へ行った。占いコーナーとビジネスコーナーに刺さっているラインナップをなめるように睨み付けてから、キャンドゥでおやつを買って帰宅。

5月5日(日)

 通常業務。お昼休みはイクスピアリへお出かけ。自分は連休ではないとはいえども、世間的なGWの雰囲気と匂いに触れたいと思ってのこと。ゴディバのショコリキサーを飲んだ。

5月6日(月)

 通常業務。疲れがたまって終日読書。夜から非常に重要な企画書作りを始める。

5月7日(火)

 休日。昨日に引き続き重要な企画書作り。脱稿の後、近所でいっぱい引っかけようと思っていたが、外出する気力が残らなかった。

5月8日(水)

 通常業務。昼休みはイオンに遊びに行く。缶ビールの口についてスイッチを入れると、ビールサーバーのような素晴らしい泡が出る機械を購入。しかも、値段をつけ間違えたのか、ヨドバシカメラの半額だった。晩酌はもちろんビールで、つまみはエビ。外でビールを飲む理由が一つ減った一日。

5月9日(木)

 通常業務。翌日から札幌に帰郷するため、妻が荷造りをしているところを眺めて終日無為。

5月10日(金)

 帰札1日目。朝から空港でエッグベネディクトを食べて札幌へ。この時期の北海道は観光に適した素晴らしい季節であるとされている。そのため空港に膨大な数の観光客がいた。しかし、札幌駅のホームにたってみるとあまりの寒さに驚いた。夜は実家ですき焼き。

5月11日(土)

 帰札2日目。弟の車でアウトレットモールへ。幕張のそれより大きくて安くて楽しい。またゴディバのショコリキサーを飲む。夜はすすきののすし善へ。素晴らしい店である。

5月12日(日)

 帰札3日目。札幌の街中を観光。塞翁が18歳まで暮らしていた札幌とは大分様変わりしているが、東急の地下の歩道やエスタの香水ショップ、ビックカメラの出入り口に面影が残っていた。夜は、祖母と食事。

5月13日(月)

 朝一番で帰京。アレルギーを強烈に発症したと見えて体調が優れず、待機の予定を減少。

5月14日(火)

 体調不良のため終日安静に読書。

5月15日(水)

 通常業務。朝からパワフルに仕事をして完全復活。しかし、19時頃から元気が急速に減少し、夜の待機を切り上げる。実家アレルギーの恐ろしさ。

5月16日(木)

 体調保全のため、休養。

5月17日(金)

 かなり元気になったものの、終日安静に読書。

5月18日(土)

 東京ミッドタウン日比谷にて、中華街の時代からの盟友である日下ゆに先生がイベントを出店。妻を連れて見学に。妻は、七海カイリ先生に占ってもらって大満足の一日。

五十六謀星もっちぃと
話してみる!

占いのプロとして活動する五十六謀星もっちぃに、様々なご相談ができます!