元実技試験官が教える占い師になるにはどうすればよいのか

この記事は約9分で読めます。

 最近は占い師を目指す人が大変に増えています。五十六謀星もっちぃのお客様でも、占い師になるにはどうしたらよいのかを訊ねてくださる方がたくさんいらっしゃいます。また、某大手電話占いサイトのオーディションにおける、占い実技試験の面接官を拝命していた際にも、非常にたくさんのデビュー希望者の方とお話をさせていただきました。このページではそうした経験を踏まえて学んできた、占い師になるための方法を惜しみなく紹介していきたいと思います。

占い師になるために必要な能力はあるのか

 占い師になるには、持って生まれた何らかの能力が必要なのかという問いは、幅広い人々から寄せられるテーマです。まずは、占い師になるには、どのような基礎的な素養や能力が必要なのかを説明したいと思います。

霊感は必要か

 しばしば占い師は、持って生まれた霊感によって人の気持ちや未来を当てる不思議な存在であると思われがちです。しかし、実際のところは、占星術やタロット占い、四柱推命や手相占いなど、後天的に勉強してマスターすることができる占いをメインに活動している占い師がほとんどです。こうした占いは、最終判断において直観的判断が介入する余地はあるにせよ、基本的に知識で占うのです。霊感による占いも存在することは確かですが、それは数ある占い方の一つに過ぎません。占い師になるには、必ずしも霊感が必要なわけではないのです。

資格は必要か

 現在の日本においては、幸か不幸か占いに関する国家資格はありません。業界内の誰もが知っているといえるような有力な民間資格も存在しないのが現状で、占い師になるために必要な資格、あるいは持っていると明確に有利になる資格はないと考えてよいでしょう。

 ただし、様々な団体が発行する占術に関する資格や認定が全く無意味かといえばそういうわけではありません。その資格を取得するために、網羅的な勉強を行うことに意味があるのです。後述する占い師のオーディションでは、占術の習熟度は実技試験の成否で判断されることになりますので、資格があるだけで合格することはできませんが、勉強熱心であることは認められますし、お客様からの安心感を獲得することもできます。

勉強し続ける精神が重要

 占い師として活動していく上で大切な素養の一つは、何と言っても学び続ける心構えです。占いの技術の神髄は一朝一夕につかめるものではありません。プロとして仕事ができるレベルという点に絞って考えれば、そのレベルに達するまでにはそれほど時間がかからないかもしれませんし、もしかすると次項のコミュニケーションの力の方が大切かもしれません。しかし、占い師として末永く活動して生き残っていくという視点で考えると、学び続ける誠実さは何よりも大切な武器になります。お客様を善導するための知識である占いをおろそかにするようでは、よい占い師にはなれないのです。

コミュニケーション力は必須! 占い師の話術

 占い師になるには、コミュニケーションの力はなくてはならないものです。だだしそれは、必ずしも口のうまい巧みな話術を要するという意味ではありません。コミニュケーション力は、その人の占い師としてのキャラクターと連動して考察するべき問題です。そうはいっても、わかりやすい説明を心がけることは必須ですし、しっかりと聞き取れる声量で伝わる発音をすることも必要不可欠です。おそらく明るく元気にお話をすることができるというのも、人気の占い師になるには必須の要素であると思われます。

占いはどのように学べばよいのか

 占い師になるには、占いを学ばなければなりません。カメラがなければ映画が撮れないのと同じように、占術がなければ未来は見えません。ここでは、占術の学び方として考えられるものをいくつか紹介します。

独学で占い師になるには

 独学で占い師になれるのかという質問に対しては、様々な意見がありますが、少なくとも筆者は、ほぼ独学で占い師になりました。占い業界で活躍している占い師仲間にも独学を中心に占い師になった人が大勢います。独学で占い師になることができるかどうかは、最終的に個人の向き不向きです。一人で学ぶのが好きな人は、独学で自分のペースで勉強するのがよいでしょうし、誰かに指導してもらうことで集中力が増す人はどこかに習いに行けばよいでしょう。

スクールに通うという選択肢

 昨今では、占い師を養成する学校がたくさんあります。こうした学校では、全くのゼロからプロクラスに至るまで、占いの技術を教えてくれるカリキュラムが組まれていて、効率的に占いを学ぶことができます。それなりに高い学費を支払わなければなりませんが、スクールで習ったことをマスターすれば、知識の点では十分な占い師になることができるでしょう。また、ゼロからフルで学ぶばかりではなく、「占星術で相性を占う」などといった単発の講座も多数開講されています。

個人的に習うという選択肢

 スクールのようにあらかじめ決まったカリキュラムを学ぶのではなく、マンツーマンで個人的に占いを習うという選択肢もあります。その場合は、自分の学びのペースに合わせて、聞きたいことを聞きたいように教えてもらうことができます。気になる占い師に直接頼み込んで教えてもらうという方法もありまし、普通の占い業務の傍らに生徒を募集している占い師もいます。ちなみに五十六謀星もっちぃも、そうした需要にお応えしております。コンタクトフォームからご連絡下さい。

占い師の働き方あれこれ

 占い師と一口に言っても、実は様々な仕事の形態があります。占い師の代表的な働き方を3種類ほど紹介します。

対面鑑定の占い師

 これは最もわかりやすい働き方で、直接会って占いをするという極めて伝統的なスタイルです。最もスタンダードにして、最も簡単に始めることができる仕事の仕方といえるでしょう。「占いの館」などと呼ばれる、何人かの占い師が集まる店舗に所属したり、イベントに出演して占ったり、様々な方法で集客します。あるいは個人的にネットを通じてお客様を募る占い師もいます。

電話鑑定の占い師

 これは、昨今の占い業界の中で、かなり安定した集客を得ることができる需要の高い働き方です。対面鑑定の店舗でも、電話占いとの同時待機を行う流れが加速しています。五十六謀星もっちぃもメインの仕事は電話占いです。同文舘出版さんから上梓する拙著、『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』には、この電話占い師になるための方法を特に詳しく書いております。対面鑑定との向き不向きの比較なども詳しく書かれていますので是非ともご覧ください。

文字で鑑定する占い師

 メールやチャットによって占いを提供するという働き方もあります。近年では特に、チャット占いが流行しています。LINEのやりとりのように、短い文章を交換し合いながら会話を進める方式で、電話が苦手な若者を中心に需要があります。電話占いとともに、これからも伸びていく可能性の高い分野であるといえましょう。

占い師の仕事の実情

 占い師という仕事について、その実情を簡単に紹介したいと思います。

占い師は儲かるのか

 身も蓋もない言い方をすれば、占い師が儲かるかどうかは個人の力量と頑張り次第です。少なくとも、お客様がついて占いをしている瞬間の報酬はそれなりに高額です。全くの新人が電話占いデビューする際の報酬は最下限でも1分につき40円を下ることはありませんので、時給にすると2400円になります。対面鑑定では、1時間につき4000円から5000円位が相場です。

 暇な時間をどれだけ減らせるかによって、占い師の収入は決まるといえましょう。また、執筆やテレビ、セミナー講師などの仕事での臨時収入もあります。経済的な目線で考えると、占い師という職業は、大儲けを目的にして参入するような市場ではありません。好きなことを生業にして、占いという文化とともに暮らしていくことに喜びを感じるための仕事であるように思います。

占い師は安定するか

 占い師という仕事が安定した職種であると考える人は少ないでしょう。様々な事情で、収入の上がり下がりが出てくることはやむを得ないことであると思います。人によっては、生活を変えなければならないほどに収入が下落することもあるでしょうし、逆に一気に増収して、資本主義の華とまではいかずとも、それなりに豊かな暮らしを送ることはできます。

 誠実に占いを続けていれば、それなりに安定してお客様からの支持を受けることができます。占いという商売は、その特性上、すべてのお客様と人間関係が成立しているので、よほどのことがない限り一気に引いてしまうことはないのです。占いという仕事は不安定で、社会的に信用が得られにくいと考えている人もいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。手前味噌で恐縮ですが、筆者も占い一本でローンを組んで都内に3LDKの新築マンションを購入することができました。真面目にやれば普通の生活には不自由しません。

デビューの最終障壁! オーディションについて

 占い師になるための資格や条件というものはありませんので、名乗ったその日から占い師であるという理論はさておき、実際に末永く占い師として活動していくことを考えるなら、最初はどこかの占い館か電話占いのサイトに所属するのがベターであるように思います。占いを学んだ人が、プロデビューする際の最後の壁ともいえる、占い師オーディションについて、元面接官としての経験を踏まえて簡単に解説します。

オーディションという名の実技試験と面接

 占い師になるにはオーディションを突破する必要があるなどと言われると、ずいぶんと難しく聞こえてしまうものですが、実際には普通の面接とさして変わりありません。普通の会社の面接と明らかに違うのは、最も重視されるのが占いの実技試験であるということだけです。

実技試験の内容は?

 その実技試験においては、運営会社の社員、もしくは所属の占い師が試験管を担当します。試験内容は、その試験管による本気の相談に占いで答えるという、極めて実践的なものです。少なくとも私が試験管を務めたものに関しては、本当に悩んでいることを相談しました。その結果と総合的な人柄によって、プロの占い師として活動する十分な資質があると認められれば、晴れてその会社の所属占いしとしてデビューできます。そうなれば、正真正銘のプロの占い師であると名乗るに十分であるといえましょう。

1日2時間で月10万円の副業

 副業ブームの世の中とはいえ、1日2時間の作業で月10万円の収入を得ることができる副業はそう多くはありません。電話占いという仕事は、ノウハウを理解して真面目にやればこの数字を楽に達成することができます。占い師仲間からは「堅実で控えめな数字」という感想を述べていました。この数字は、心身に無理をかけずに健康的に働ける範囲で試算した数字です。

占いに興味を持つ人のみに与えられたチャンス

 電話占い師という仕事は、在宅で初期費用をほとんどかけずにスタートできます。とてもおいしい仕事に思えますが、誰でもできるわけではありません。占いに興味を持っていない人にとっては、毎日占い漬けになることは耐えられないでしょう。占い師という仕事は、占いという文化に興味を持っている限られた人だけに開かれたニッチな仕事なのです。

やりがいの強い夢のある仕事

 占い好きにとって、自分が信じて愛好する占いによって人の人生を善導し、感謝される快感は何にも代えがたいものです。普通の仕事になじめない人にも、事情があって家で働きたい人にも、電話占いという仕事は人生を開く救いの職種である可能性があります。

 もしもよろしければ、同文舘出版さんから上梓される拙著『1日2時間で月10万円 はじめよう 電話占い師』もぜひご覧ください。amazonさんはもちろん、全国の書店で11月8日より販売が開始されます。書籍では、このブログに書いたことのさらに詳しい内容に加えて、占いの練習方法やオーディション突破のための秘策、そして改正された消費者契約法などの占い師が意識するべき法律について、弁護士の監修の元詳しく解説しています。分量はこの記事の十数倍ありながら、図解も多く、大変に読みやすい本に仕上がりました。力強く宣伝して申し訳ありませんが、五十六謀星もっちぃの初出版物ですので、どうぞ大目に見てくださいませ(笑)amazonさんにて予約受付中です。

タイトルとURLをコピーしました