一電話占い師の日乗 2019年10月前半

  尊敬する私小説作家の日乗を真似て、電話占い師としての日々の生活を記します。通常業務の日は、朝の9時から13時まで電話占いで仕事をして、その後4時間の休憩を取って、17時から21時まで働いています。この日記は、その4時間の出来事と夜の慎ましやかな晩酌が主題です。

一電話占い師の日乗

10月1日(火)
 休日。ブログの全体的なデザインを見直すべく計画を立てて、いろいろと調べ始める。さりとてなかなかよいデザインも浮かばなかったので、とりあえずヘッダーの画像を作り直して見る。また、もう少し大々的に占い師さんに向けたサービスを展開するべくページ作成に取りかかる。

10月2日(水)
 通常業務。ブログのバックグラウンド部分の開発作業を行う。妻が風邪を引いたため、スーパーでおかゆを購入。レトルトのおかゆもいろいろな種類がそろっていて、なんだか楽しそうである。

10月3日(木)
 通常業務。会社の登記の関係でいろいろと調べ物をする。代表者の住所変更をするにしても、思っていたよりも印紙が高くておどろく。とても面倒な作業ではあるが、代理人に頼むのもしゃくなので勉強がてら自分で調べた。今度これもブログのネタになるかもしれないと思うと少しだけ溜飲が下がる。

10月4日(金)
 待機なし。ブログのタイトルを変更し、数日前に作ったバナーをセットした。以前と比べて少しだけくどさが軽減されているように思う。これでアクセス数がアップするとうれしいところ。休憩時間に、会社の登記の関係で郵便局へ。帰路、普段は使わないパン屋できなこのパンを購入。なかなか美味。『はじめよう 電話占い師』の再校のゲラが到着。

10月5日(土)
 通常業務。引き続きブログのバックグラウンドを開発。作業はなかなか進まない。昨夜、炊飯器がおかしくなっていることに気づき、近所の電気屋で購入。ずいぶん安かったがそれなりに炊けた。朝ご飯に使うにはこれで十分。おいしいご飯が食べたいときには、そもそも土鍋で炊けばよいのである。

10月6日(日)
 通常業務。再校ゲラを読む。内容の大幅な直しはないものの、様々な角度からの検証を加えてもらい、より正確な本になる。学生時代には出版社に憧れを抱いたこともあるが、やはり編集者さんがついていることには莫大な意味がある。著者が一人で出版物を完成させる時代が来たなら、それは創作物の質の低下を意味するのではないかと余計な心配をするくらいのことである。

10月7日(月)
 前半のみの待機。昼過ぎからは日比谷ミッドタウンでのイベントのお手伝い。対面鑑定を半ば引退して、電話占いを中心とする生活になって以来、自分が参加するわけではない占いイベントに参加するというスタイルが続いている。これはこれでとても楽しく、勉強になるものである。書籍出版の際に力を貸してくれた恩人がいらしたので、2人でしばし飲酒。いろいろと教わる。

10月8日(火)
 休日。なんとなくテンションが上がらない1日。再校のゲラの最終チェックをしつつ、原稿の直しをあれやこれやと工夫する。また、会社の登記についても直しが入ったため、その再送も行う。今に及んで書類に押される「捨て印」の意味をようやく理解する。原稿にも捨て印ができればよいのだが、そういうわけにもいかない。

10月9日(水)
 通常業務。午前中から各種の執筆作業を行う。昼過ぎくらいからマンション内のカフェでリラックスタイム。非常にのんびりしたよい気分に浸ることができた。このマンションオリジナルのブレンドなるコーヒーをいただいたが、香り高く美味。

10月10日(木)
 通常業務。目下台風が迫る情報ありのため、夕刻に休憩を取って買い出しへ。かなり多くの人が押しかけて店は混雑。ガスボンベなどは売り切れの状態。幸いにして我が家ではすでに備えが幾ばくかあったので大丈夫と思いつつ、引っ越し直後のため、普通は家のどこかに転がっているお菓子などというものは存在しない。そういったものは引っ越し前に腹に収めているのである。やむなく実にまずそうな焼きそばを購入。

10月11日(金)
 通常業務。本来は休みであるが、我が地域は最悪の場合2週間浸水する恐れもあるとのことで、万が一の場合の長期休暇に備えて仕事を入れる。土曜日は休みにしようかと考えているうちに、事務局が休みになったため連絡できず。在宅の仕事には危険がないのであるから、可能な限り働く方向で決意を固める。

10月12日(土)
 通常業務。台風19号。暴雨風のため、ほとんど電話はないものと思っていたが、結果的には少し暇な普通の人いったところ。低気圧の影響で眠りかけながらブログを書く。気圧の影響を受けやすい体質。abemaのニュースを見ながら、荒川の氾濫に警戒するも、幸いにして我が家への直接の被害はなかった。

10月13日(日)
 通常業務。非常事態に備えて大量に炊いた米を食べつつ、通常の生活へ。万が一の事態に備えて風呂桶にためていた水を昼過ぎに流したとき、我が家の被災は終わった。消費増税などの影響で配達予定がここまでもつれ込んでいた、冷凍庫とソファ、そしてテーブルがほぼ同時に到着。ファミレスのボックスシート風に構成したダイニングセットが絶妙。今後のトレンドになると確信する。

10月14日(月)
 通常業務。前半から多忙。特にこれといった予定もないため、たまっていた業務をこなす。なんだかんだいってこのところは毎日何かあったが、久しぶりに仕事だけに集中できた一日。途方もなくはかどった。

10月15日(火)
 休日。数年ぶりの再会となる学友とランチ。彼はとても苦労人だったが、おったまげるほどの成功者になっていた。石川啄木の「友がみなわれよりえらく・・・」の歌を、花を買って帰ろうかと思ったが、それよりも自分の仕事を一生懸命にやった方がよいだろうと思い、本を買って帰宅。夜には少し散歩。

五十六謀星もっちぃと
話してみる!

占いのプロとして活動する五十六謀星もっちぃに、様々なご相談ができます!