一電話占い師の日乗 2019年12月後半

この記事は約4分で読めます。

  尊敬する私小説作家の日乗を真似て、電話占い師としての日々の生活を記します。通常業務の日は、朝の9時から13時まで電話占いで仕事をして、その後4時間の休憩を取って、17時から21時まで働いています。この日記は、その4時間の出来事と夜の慎ましやかな晩酌が主題です。

一電話占い師の日乗

12月16日(月)
 通常業務。各種の雑務をこなしているうちにあっと言う間に休憩時間が終了する。年末に向けてダイエットをするべきところではあるが、明治屋のライムシロップがおいしすぎるため酒量と一杯あたりのカロリーが増加する。

12月17日(火)
 待機なし。夕方から、技術顧問を拝命しているミンストレールグループの忘年会に参加。素晴らしい占い師の皆様と実に楽しい酒席をともにする。脇田先生の著書にサインを書いてもらった。Zoom鑑定などで垣間見える私の仕事部屋に「面陳」しているのは、拙著と脇田先生の著書である。

12月18日(水)
 通常業務。ライン公式アカウントに登録してくださった書籍の読者様への無料相談や、その日程調節で終日多忙。読者様とお話しできるのはありがたい限り。

12月19日(木)
 通常業務。諸々のビジネスに関する準備に追われる。各種の見積もりを取得して今後の展望を検討しつつ、少し前に着手したホロスコープアプリの続きを作成。

12月20日(金)
 待機なし。昼間は占いコンテンツの企画資料の作成に奔走。夕方から頼りになる大学の後輩に、ビジネスのアドバイスをもらう。その後、恵比寿にて仲良しの占い仲間と飲み会。

12月21日(土)
 通常業務。電話占いの技術的な部分に関する資料をまとめつつ、様々な調べ物に奔走。最近は全くブログを書く時間がない。通話用のコンデンサマイクを、ラジオ局のように格好良くつるすためのアームを購入。昼は久しぶりのスパムスビ。

12月22日(日)
 前半のみの待機。昼過ぎ以降、無料相談や各種の業務。夜からは脇田先生の思し召しによって、素敵なイベントに出演。久しぶりにたくさんの人とアットホームな雰囲気でお話をする。

12月23日(月)
 通常業務。人生で初めての祝日ではない23日に違和感を感じつつ、差し迫った業務がないので、しばらくぶりにホロスコープアプリの制作にかかる。夕方、クリスマスに備えてドラムチキン12本をソミュール液に漬ける。

12月24日(火)
 休日。昼までホロスコープ作りに没頭し、その後アリオへ。帰宅後、ドラムチキンを牛乳と卵とニンニクのバッター液にくぐらせて、ハーブとスパイスを配合した小麦粉をはたく作業を二度繰り返して高温の油で三度からっと揚げれば、最高のフライドチキンができあがる。シンプルながら人類の英知が詰まった調理法である。さても、このような工夫を知らない古代の人がこの料理を食べたらどう思うだろうかと、食後にマカダミアナッツをつまみながら考えたが、フライドチキンに負けず劣らずおいしいナッツは太古からあるのだから、さほど驚かないだろうという結論を得た。

12月25日(水)
 通常業務。休憩時間に打ち合わせのために恵比寿へ。それにつけてもこのところ、やたらと恵比寿にばかり来ている。技術的なことに関する様々な学習を行う。

12月26日(木)
 通常業務。各種の連絡が滞っていたものを順番に対応。その後、ネットで調べ物。ほとんどのことは書籍から学ぶべきとは言い条も、やはりネットに関連することはネットから学ぶのが一番である。歴史学や占いについて一番詳しい人は、おそらくブログよりも書籍を書くことの方が得意だろうが、ネットに詳しい人はブログの方が得意なのであるから、自然その英知はネットに集結するものである。

12月27日(金)
 待機なし。最近関わっている事業の企画作りに没頭。朝から手書きでブループリントを作り、没頭しているうちにおなかがすいていることに気づいて時計を見たら夕飯時だった。

12月28日(土)
 通常業務。休憩時間は、引き続き企画に関する調べ物を行いつつ、ブループリントの続きを描く。どこまでも最終体にはアナログ人間であるところの私にとっては、紙に書くのが一番楽しい。

12月29日(日)
 通常業務。休憩時間にブログのSEOにおけるキーワード選定というものについて今一度学ぶ。こうした技術は学んでも学んでもきりがないことであるように思われるが、何もしなければおいていかれるのである。

12月30日(月)
 通常業務。休憩時間には、久しぶりに料理の漫画を少し読んだ。その結果、鍋を持ちたいという欲求を抑えることができなくなり、やることをなげうってキッチンへ。粗みじんにしたニンニクをタラゴンとともに弱火の油でカリカリに炒め、油から香りがのぼったところでオニオンを投入。調味料の一つとなるほどよい焦げを作ったところで、中国の特別においしい海塩をかけて、しんなりした頃に粗挽きの牛挽肉を入れて醤油を回し入れる。八部通り火が通ったところにご飯を入れて一気に炒れば、香ばしいガーリックチャーハンの完成である。

12月31日(火)
 年内最後の業務は、11時から17時まで。その後、年末の雰囲気を見るために少しだけヨーカドーへ。食品レジが地獄の有様になっていた。帰宅して、紅白を見ながらおせちを食べて年末年始特別休暇へ突入。恒例の3が日までの休日。おせちは、これも数年前から恒例の賛否両論の二段重。毎年はいっているフォアグラとレーズンの松風が好物。

タイトルとURLをコピーしました