「引き寄せの法則」はこの一冊から始まった! 『ザ・シークレット』には何が書かれているのか

 「引き寄せの法則」という言葉が急速に市民権を獲得してからすでに時間がたっています。多くの人がこの法則を何気なく口にする今、占い界隈の人々の間では、おそらく認知度100%の法則だと思います。しかし、この「引き寄せの法則」がどこから来た何者なのかについての詳しいことは、あまり知られていないのではないでしょうか。他のスピリチュアルな概念と同様に、どこからともなくやってきて自然と浸透しているという印象があります。本日は「引き寄せの法則」の原点となる書籍について解説したいと思います。

『ザ・シークレット』

 本書は、2006年に制作された同名のインタビュー映画の内容を書籍にまとめたものです。著者のロンダ・バーンは、「引き寄せの法則」という封印された法則に気づき、それを実践している人を捜し求めました。そしてその実践内容と方法を語っている内容をつなぎ合わせて作成されたのが『ザ・シークレット』なのです。なお、本記事の末尾には動画の最初の20分を張ってあります。見ていただければイメージがつかみやすいと思います。

引き寄せの法則の概要

 引き寄せの法則とは何かを一言で表現するなら、頭の中に描いているイメージは実現するという法則です。よいことを考えていればよいことが起こりますし、ネガティブなことや恨み言ばかりを言っていれば、それが実現するというのです。頭の中が明るくポジティブな単語で満たされていることで幸せを、そして富を得ることができるということが、この本で解き明かされている「秘密」なのです。

はっきり言って読みにくい本

 私は日本語版を読みましたが、正直に言って読み進めるのがつらくなるほどに読みにくい本です。なにより中高時代の英語の授業を思い出すような逐語訳の文章のせいで、内容が頭に入ってきません。そして、文章全体が同じような話の繰り返しで、今読んでいる章が何についての話をしているのかがわからなくなります。ただし、各章の末尾に「まとめ」がついています。それ自体があまりまとまっているとはいえませんが、そこから読み始める、あるいはそこだけを読んだ方が内容を理解しやすいと思います。

再入門「引き寄せの法則」とは何か

 ここで、本の内容をひもとき、ロンダ・バーン氏の唱える引き寄せの法則とはどのようなものなのかを改めて詳しく解説してみたいと思います。

引き寄せるための3ステップ

 引き寄せの法則の使い方は、3つのステップで説明されています。これらのステップを踏むことによって、宇宙が願望を叶えてくれるというのがこの法則の要旨です

願う

 最初のステップは願うことです。本当に欲しいものを明確に思い描き、その思考の周波数を宇宙に伝えることが始まりです。もしも二つの願いで迷っているなら、それは両方ともお願いするのがよいそうです。

信じる

 第二のステップは、信じることです。カタログで注文を出したときのように、それが届くことを心から信じて黙って待っていることが大切だそうです。宇宙に何度も同じ注文をする必要はなく、その目標がかなうことを信じるだけでよいのです。信じ切るために、その目標がかなっている自分の姿を具体的にイメージすることが、引き寄せの法則で最も大切な部分です。

受け取る

 第三のステップは、成果を受け取ることです。ここで大切なのは、実際にお金や地位を受け取るということではなく、願望が実現したときに感じる爽快感を受け取ることだそうです。その爽快感を感じて、かなえたい願望と周波数を合わせていくうちに、最終的な願望が叶うのだと本書では述べられています。

目標がかなう道程は気にする必要はない

 引き寄せの法則がどのような事情で成立するのかといったことは、考えてはならないそうです。仕組みがわからなくても電気がつくように、夢は叶うと信じていれば、かなうとロンダ・バーン氏は説明しています。また、願いを立てる際に、その願いが実現可能かどうかを考える必要もありません。例えば、年収1億円欲しいと願うにしても、どうやってその金額を稼ぎ出すかということは自分で考える必要がありません。それは宇宙が決めることなのです。願う人がするべきことは、それがかなうと信じて、1億円の年収を受け取っている姿をリアルに想像することだけなのです。

五十六謀星もっちぃの私見

 はっきり言って、かなり都合のよい法則だとは思いますし、それですべてが得られるというのは、たゆまぬ努力の積み重ねで文明を開いた人類の過去に対しての冒涜であるとも思います。しかし、心の中をポジティブなイメージで満たすことはとてもよいことだと思います。

 流れ星に願いをかけると願いが叶うという言い伝えがあります。昔、テレビ番組で見た話ですが、ある学校の校長先生が、生徒にその言い伝えが本当なのかどうかを聞かれたそうです。そこで校長は「流れ星が消えるまでの短い間に願いをかけることができるくらいに、普段からその願いを頭に浮かべているのであれば、その夢は叶う」と説明したそうです。引き寄せの法則とはそのことを言っていると解釈することもできると思いました。

五十六謀星もっちぃと
話してみる!

占いのプロとして活動する五十六謀星もっちぃに、様々なご相談ができます!