一電話占い師の日乗 2018年11月後半

この記事は約4分で読めます。
 尊敬する私小説作家の日乗を真似て、電話占い師としての日々の生活を記します。通常業務の日は、朝の9時から13時まで電話占いで仕事をして、その後4時間の休憩を取って、17時から21時まで働いています。この日記は、その4時間の出来事と夜の慎ましやかな晩酌が主題です。

11月16日(金)
 休日なれど、キャンペーン期間中のため、昼間で仕事をする。その後コストコへ。クリスマスが近いため、やたらとテンションが高く浮かれている。普段はないチョコレートがいろいろあったため、今回は定例のリンツを見送って他のチョコ類をいくつか購入。トルティーヤチップス1.3KG也にも手を染める。サルサソースにくぐらせると美味の極みで、次々にハイボールのジョッキが空になる次第。

11月17日(土)
 通常業務。妻の体調不良により、一人で散歩。本屋を見て、帰りにファミマのミニ大福を購入。緑茶のホットがおいしい季節。昼はカレー。夜は、手製のカリカリの唐揚げに、手製のスウィートチリソースをかけたものにトルティーヤを添える。男の料理。

11月18日(日)
 通常業務。流れがいまいちだったため、少し時間を短縮して近所のバザーに遊びに行った。その後アリオへ。夜はインド風チャーハン。湯取法で炊いたジャスミンライスに、ニンニク、フライドオニオン、ココナッツオイル、各種スパイスをドカドカと入れてカンカンと炒めたもの。絶佳。

11月19日(月)
 通常業務。妻が北海道から上京している母とディズニーシーにいったため、休憩時間は一人で過ごした。ランチは手製の犯罪めいたうまさのそぼろ丼。誰にも見られていないのをいいことに、これに最近お気に入りの御膳上等なマヨネーズをかけてカロリーのお化けにしてからいただく。晩酌は妻がイクスピアリで買ってきた笠原氏とのコラボになるブリトー。

11月20日(火)
 休日。占い業界の大切な人とランチへ。その後、夕方から母とディナー。賛否両論のはなれへ。笠原氏の料理の存在は、この時代の東京に暮らすことの大きな喜びの一つである。好物のフォアグラの最中を5つ食べ、少し太ましく成長できた。

11月21日(水)
 通常業務。妻の体調不良により、外出はなし。家で占いの勉強をする。終日そうするつもりだったが、途中で飽きたので、夕方には『最高に楽しい文房具の歴史雑学』を読み始めた。

11月22日(木)
 通常業務。とある野心的な仕事の企画に終日かかりきり。途中、ドラッグストアでガリガリ君のクッキーバニラを購入。実にアジタートな食べ物である。

11月23日(金)
 割引のイベントをかけてもらったので、本来の休日を返上して仕事をした。代わりに今度、平日を休んでしまおうという魂胆。休み時間には重たいものの買い出しに付き合いスーパーへ。

11月24日(土)
 通常業務。三連休中日とあって、久しぶりに暇だった。休み時間には少し出かけてみようと思ったが、どうしても出かける気にならず買うだけ買って読んでいなかったKindle本を乱読する。おやつは水ようかん。久しぶりに抹茶をいただく。夜は煮込みハンバーグ。

11月25日(日)
 通常業務。世間で騒がれるところのブラックフライデーを体験するべく、雀躍として近所のイオンへ。ワインとシャンパンのセットが非常に安く売られていて、とても悩んだものの、ワインは苦手なのでやめにした。結局男は日本酒である。

11月26日(月)
 通常業務。体力的に振るわず終日無為。久しぶりに漫画を読んで過ごした。

11月27日(火)
 休日。朝から柴又に遊びに行くつもりで、昨晩から去年録画したアド街ック天国まで見ていたが、妻の宿痾たる寝坊で中止となる。終日読書。宮崎哲弥氏の著書に当たって仏教を学ぶ。目から鱗が落ちる。晩餐はとびきりうまいすき焼き。今月に家で食べたもので一番おいしかった。二番目は前回のすき焼きである。

11月28日(水)
 通常業務。有楽町の無印良品が移転になるとのことで、文房具がセールになっているという噂を聞き飛びつく。普段使っているノートはすでに売り切れていた。不発を埋めるべく、帰りは銀座の伊東屋へ足を伸ばす。今年何度目かわからないくらい通ったものだが、それでも来るたびに新発見がある。

11月29日(木)
 通常業務。終日無為。夜はカレー鍋。

11月30日(金)
 休日。休みの割には早起きをしてついに柴又へ遊びに行く。寅さんのファンというわけではないが、観光地に行って道楽気分を得ることが目的である。帝釈天の彫刻ギャラリーを見学した。これは期待していた以上に別格なものであり、少しでも美術や工芸に興味を持っているならこれに胸を躍らせずにはいられない。

タイトルとURLをコピーしました