一電話占い師の日乗 2021年9月前半

尊敬する私小説作家の日乗を真似て、電話占い師としての日々の生活を記します。この日乗の時期の「通常業務」とは、朝9時から11時まで、および17時半から19時までの3時間半の電話占いの待機です。この日乗は、そんな電話占いの仕事の合間に、講座やコンサルなどの占い事業を行い、時に散歩し、時に鯨飲馬食する楽しい日常の記録です。

9月1日(水)
半ドン。新しい講座の配信に備えて無料動画の準備を行う。今回は相当に気合いを入れて撮影を行うつもりで慎重に準備。昼過ぎから仮名書道の練習。半紙を追加購入。夜はヨーカドーの寿司と煮物。

9月2日(木)
通常業務。占い師のサロンの新しい提携についての準備を行うなど多忙。昼過ぎからは無料動画の台本を作成。夕方からクラブハウス。丑の日であるため夜はウナギ。断酒。

9月3日(金)
待機なし。各種業務に没頭。夜はカルディで買ったカレーの素を使ったカレー。美味。断酒。

9月4日(土)
タイタンの学校14回目。ファッションコーディネートの授業とラップの授業、そして長井秀和先生によるパントマイムの授業の第1回目。長井先生の声がエンタの神様のまんまだった。パントマイムはなかなか難しいが、是非とも覚えたい技法。夜は帰路に求めた吉野家の牛丼。3日連続となる断酒。

9月5日(日)
通常業務。4本の無料動画の台本を完成させる。なかなかよいできに仕上がっている。ずっと前に注文していた仮名書道のための小筆が到着したので練習。熊野筆というだけあってなかなかの書き心地であるが、筆を変えただけで字がうまくなるということはない。夜は近所のスーパーで680グラムで980円也の冷凍エビを全部使ったガーリックシュリンプとフライドポテト。大量のハイボールとともに実にハワイアンな鯨飲馬食。

9月6日(月)
通常業務。動画撮影のための立ち稽古を行う。昼からサポートしている占い師さんのプロフィールの手直しなどを行う。夜は肉寿司。

9月7日(火)
休日。久しぶりにまるきり休んで外出。家の壁紙を楽しいものに張り替えるべく、輸入壁紙を扱う目白のショールームへ。該当地は学生時代に暮らしていた寓居の近くであり懐かしい思い出がたくさんあるエリア。その後、鬼子母神や学生時代に通い詰めた文学系の古書肆、書道用品店などを経由して池袋へ。パンのTAKASEでフルーツ入りのパンを購入。その後、店主が異常にうるさい紙物雑貨の店や閉店間近の東急ハンズなどを見て、ばんからのつけ麺を食べてからサンシャインシティへ。ディズニーストアで頭がくるくる回るボールペンを触ったとき、とてつもなく休日を感じた。

9月8日(水)
前半のみの待機。昼から無料動画講座の撮影を行う。これは占い業界のガイダンス的なところから、占い師に向いている人、そして占い師として末永く活動するために必要な知識などを広くまとめたものであり、私の著書や活動を知ってもらうための挨拶代わりのものである。夕食は出前のラーメン。昨日食べたばんからの影響で、ラーメン欲が猛烈にたぎってしまい、止めることができずのこと。

9月9日(木)
通常業務。前日に撮影した動画の編集作業に没頭。その後、占い師のサロンで新たにご縁をちょうだいすることが決まっている株式会社にじげん様との打ち合わせ。募集要項や配信クラフトイメージの最終確認。夜は肉寿司。

9月10日(金)
半ドン。昼過ぎまで占い師のサロンの業務や動画の編集作業を行う。無料動画講座を配信するための新しいLINE公式アカウントを作成し、それを公開するためにページ等を作成していたところ、その作業中、一瞬だけネット上に公開されたほんのわずかな瞬間に早くも登録してくだった方がいたことに気づく。誠に縁起のいい出来事。夜はローストビーフ。

9月11日(土)
タイタンの学校15回目。今回は滑舌をよくする発声練習の授業。とても参考になる。占い師も滑舌は非常に重要である。最後の授業は体育であり、種目はパルクールという過酷なものであるため早退。やむを得ない判断。占い師のサロンでみん電占い様の限定求人の募集を開始。これは末永く募集する予定。夕食は肉の花正の弁当。

9月12日(日)
通常業務。動画編集や打ち合わせなど多数。実にありがたいことには、正式な販売開始を前にして、新しいコンサルプランの最初の受講生が決定する。これも縁起よし。その後、原稿執筆。

9月13日(月)
通常業務。新たに作成した、電話占い向けのタロットの実践的な動画講座を作成したものをオンライン上に配置して販売の準備を行う。その後、夕方から無料動画講座を書籍の読者様向けに先行配信開始。夜は角煮と寿司。

9月14日(火)
待機なし。朝から角煮丼。来たるべき時代に備えて、講座を販売するための広告のクラフトを開始。試験的に運用を始める。広告に予算をかけてでも、伝えたいことを伝えていればきっと賛同してくれる人がいると確信してのこと。はっきり言って採算が合うかどうかはまったく不明ではあるが、占い業界で活動する人をサポートするため、そして自分自身の学びになるならそれでよいという所存。丑の日なので夜はウナギ。

9月15日(水)
半ドン。原稿執筆などを昼までにこなす。昼過ぎ、完成したシャツを受け取るため銀座へ。今回のシャツもまた素晴らしい仕上がり。過去に例がない完成度である。これは来春に行う占いビジネスの業界案内講座で着用の予定。その後、教文館でギャラリーとキリスト教グッズを見るなどしてお買い物。伊東屋がずいぶんと模様替えされていて、何十時間でもいられる店になっていた。夜は外食を避けてデパ地下へ。かき揚げの他、中華街で親しんだ四五六菜館とアスターの中華惣菜などを購入。圧倒的に四五六菜館の方が美味であった。

占い師になりたい
すべての人へ!

占いのプロとして活動するために役立つ4本の動画を無料プレゼント中です!