一電話占い師の日乗 2022年3月後半

尊敬する物故私小説作家の日乗に敬意を示し、見よう見まねで電話占い師としての日々の生活を記します。占い師としての現役の活動は極めて少なく、多くの時間を原稿執筆と講座準備、コンサルティングに当てています。なかなか多忙な仕事の合間に楽しむ食事や散歩などの行状を告白します。

3月16日(水)
朝からデザインの勉強。制作者もっている魂を表現するのが芸術であれば、デザインは伝えるべきメッセージを最も効率的に伝えるための手法である。とするならば、占いにもデザインが必要なのだ。午後から、遊びに出かけるべきかどうかを妻と論議しているうちに時間が遅くなったので、別の仕事に取り組む。今度、コンサル付き講座のメニューに加える講座のため精神科医の先生とコンタクトをとる。

3月17日(木)
午前中は電話占い。久しぶりのお客様など多数。昼過ぎに仕事を切り上げて買い物に出かける。まずは大きめのブックオフを物色。このような新古書店は、本を書いて売るという立場からすれば敵に他ならないが、およそ物書きほどの人物でセコハンの本に手をつけない人は絶対にいないのであり、あるいは大のユーザーということも珍しからぬこと。隣のららぽーとへ。久しぶりの大型ショッピングモールである。夜は爆安の惣菜を買い込んでホクホクの帰宅。

3月18日(金)
朝からマーケティングの学習。午後からは占い業界の最新の稼ぎ方の知見を深めるための情報収集。私が占いの講師であることを話した上でも、自分が知っている情報を惜しみなく教えてくれる先生が多いのは非常にありがたい。占い業界は優しい。夜は自家製チャーシウ。

3月19日(土)
タイタンの学校40回目。事務所の所属芸人さんによる、模擬ラジオの授業。ラジオの現場で、芸人さんと放送作家さんがどのように仕事をしているのかを学ぶことができた。私はラジオには出たことがないが、これでいつ誘われても大丈夫な知識は得たが、同時に現場の厳しさを知ったので断ることになるだろう。夜は寿司。

3月20日(日)
午前中に電話占い。相変わらず多忙。昼過ぎからは、コンサル関係の業務多数。占い師として最も大切な仕事は、お客様と向き合うことであるべきだが、やはりレッスンはとても楽しいし身になる仕事である。夜は出前のインドカレー。

3月21日(月)
朝食にカレーの残りを食べつつ、打ち合わせその他の業務多数。昼過ぎからは映画タイム。『羊たちの沈黙』を鑑賞。このような映画は寝る前には見れないので、昼に見るしかないのである。夕方から口座のスライド作成。夜は、手製のかに玉、スーパーで購めた牡蠣フライにアスパラ天、サラダに鉄火巻き、チーズ揚げボール。飽食な居酒屋メニューを用意するも酒は飲まず。

3月22日(火)
コンサル付き講座の希望者多数につき、終日多忙。

3月23日(水)
今後、コンサル付き講座のメニューとして加える、占い師のメンタルヘルス防御講座のための原稿を書く。今回は精神科医の監修を得るため、いつものようにしゃべりながら台本を直すということができないため慎重に作業。講座の途中に挟むギャグも台本に記した上で監修を依頼しなければならないのである。

3月24日(木)
朝から電話鑑定。珍しく稼働率5割強と暇な一日。昼過ぎから気晴らしに外出。まもなく閉店となるお台場のヴィーナスフォートへ。私が中学生の時に、初めて上京した際に宿を取ったのが今はなきメリディアンであり、もちろんその折にもヴィーナスフォートには立ち寄っている。お台場は東京の象徴なのである。ほしかったブランドのめがねはちょうどよいものがなかったので断念。妻の方はよいジーンズが3本手に入り終日陽気。夜は暮れゆく空を眺めながらハワイアン料理。久しぶりの飲酒。

3月25日(金)
歯医者。早くも届いたメンタル講座の添削内容を確認して、台本を修正。監修対象は医学部分のみで、ギャグは対象に含まれないことを念押しされる。早速スライド作りに取りかかる。夜はすき煮。

3月26日(土)
タイタンの学校41回目。残すところあとわずか。寂しすぎて涙も出ない。とてつもなく珍しい先生から、限りなく面白い講義を受けたが、秘密とのことで誰かはいえない。夜は手製の鶏手羽マーマレード焼きと、そのあらで作ったチキンスープ、フキの煮物にヒラマサ茶漬け。

3月27日(日)
朝は電話占い。コンサル業務多数。生徒がコンテンツデビューすることもあり、それに向けたプロフィールを代筆。夕方からアルカノンセミナーズでの講座に向けた台本作りに着手。宵口にアリオへ。夜は少しの寿司と、鯛茶漬け。周富徳のレシピで手製のエビマヨ。ジンが決め手。

3月28日(月)
朝から原稿執筆。その後、ギリギリまで講座の台本を書いて外出。タイタンの学校同期のライブ。爆笑の嵐であると同時に、世の中にはたくさん人間がいるものだなと感心した。夜はオリジン弁当。

3月29日(火)
コンサル付き講座の内容精査のためのコンサルの最終回。しっかり身になる学びを得て、講座受講生に還元できそうなアイディアも獲得。原稿を提出して、夕方からなじみのお客様を占ってヨーカドーへ。喜多方ラーメンのチャーシュー丼とニンニクチキン。そしてシウマイ少々。

3月30日(水)
朝からアルカノンセミナーズの台本執筆。ほとんど完成したため、講座案内の作成に取りかかる。今回のテーマは、2022年最新版の占い業界案内と、令和の時代の占い師が心がけるべきことについて語る。昼過ぎにコンサル関係の業務があり、その後、散歩へ。臨海公園まで歩いてマリオンクレープを食べる算段だったが、あまりの行列にたじろぎ、そのまま引き返してスシローへ。ここまで徒歩90分以上。寿司を泣くほど食べて、腹ごなしに歩いて帰宅。

3月31日(木)
朝は電話占い。多忙。昼過ぎからメンタルヘルス講座の撮影。医師監修の台本を読み上げるという性質上、アドリブがほとんど許されないので、かなり大変な作業である。その後、精神科医と新たな提携を結ぶ話がまとまる。これは今後、占い師のサロンにて公表予定。作業終了後、いろいろあって、電話占いの所属をやめることを決定。妻とともに10年にわたって所属してきた会社であるが、やむなし。夜は若鯱屋にて、味噌カツと土手煮で軽くビール。

占い師になりたい
すべての人へ!

占いのプロとして活動するために役立つ4本の動画を無料プレゼント中です!