一電話占い師の日乗 2022年6月前半

尊敬する物故私小説作家の日乗に敬意を示し、見よう見まねで電話占い師としての日々の生活を記します。占い師としての現役の活動は極めて少なく、多くの時間を原稿執筆と講座準備、コンサルティングに当てています。なかなか多忙な仕事の合間に楽しむ食事や散歩などの行状を告白します。

尊敬する物故私小説作家の日乗に敬意を示し、見よう見まねで電話占い師としての日々の生活を記します。占い師としての現役の活動は極めて少なく、多くの時間を原稿執筆と講座準備、コンサルティングに当てています。なかなか多忙な仕事の合間に楽しむ食事や散歩などの行状を告白します。

6月1日(水)
朝からananwebに納める原稿を執筆。先月末に引き続き、下半期の運勢特集の関係で原稿仕事が多忙。年末と6月は同様の慌ただしさがあるが、今年はなおさらである。昼過ぎからコンサル関係の業務。夕方から水彩画の練習。夜はマックのデリバリーでチキンナゲット。

6月2日(木)
LINE公式アカウントに関する勉強会に参加。最近のビジネスマンはいろいろなことを考えるものであり、すぐにアフィリエイトの誘いになる。私が学んだLINEの技術で占い師さんに集客方法を教えて、最終的にLINEのツールをアフィリエイトするというマネタイズという方法をとれば、受講生さんの負担を減らすことができそうなものではある。検討したいところではあるが、アフィリエイトのシステムが面倒くさい。夕方から美術の先生に相談。夜ご飯は鶏肉のマーマレード焼き。

6月3日(金)
コンサル関連の業務多数。間に原稿執筆も多数。夕方にラーメン。京都旅行が迫っているため、いろいろ準備。夕方にレトルトの「ばんから」ラーメン。夜は軽い寿司。

6月4日(土)
「新人もっちぃココナラ体験講座」の動画撮影と編集を行う。講座そのものはまだ完全体ではないが、そろそろ第一弾を出してもよいと判断。夕方から旅行中の食事の予約を検討し始める。そのさなかで話が盛り上がり、2泊の予定を3泊に変更。夜はハンバーグ。

6月5日(日)
ココナラに関する動画講座の編集を続ける。その後、7月から始まる外部出講のビジネス講座に関する業務。夕方からコンサル付き講座の受講生さんのプロフィールを作成するなど、様々な業務。夜はヨーカドーへ出向き、エビフライと唐揚げを買い食い。

6月6日(月)
コンサル関連の業務多数。旅行出発を前日に控えて、4日分の業務を終わらせておく算段。新しいことへの挑戦の時間と原稿執筆を除けば、私の日常の仕事量はしれたものである。旅行は、大阪2泊と京都1泊の予定。

6月7日(火)
旅行初日。新幹線で大阪へ。新幹線で山椒が香る焼き豚弁当と堅牢なアイス。昼前に新大阪へ到着。そこから電車移動で太陽の塔を見学。実に「べらぼー」なものであった。その後、大阪城へ移動。タッチの差で天守閣見学は間に合わなかったが、外観を堪能。人目をはばかりつつ銃眼も見学。夕食は、城が見えるビル。大阪人はノリがいいというので、タクシーの運転手さんに「ビルの38階までお願いします」と言ってみたところ、「関西人以外でそんなこという人初めてやわ」と大興奮。ちょっと恥ずかしくなった。

6月8日(水)
旅行2日目。今回の旅の目的の一つであるUSJへ。マリオワールドを見学。この世のものとは思えないほど素晴らしい空間で、感動に浸る。天才が作り出した完全な世界である。マリオカートとヨッシーのアトラクションを堪能。なお、USJではクルーと呼ばれている従業員がしきりに話しかけてくるルールになっている。私はうっかり、コアラのマーチのペットボトルカバーを首から提げ、妻はヨッシーのTシャツを着ていたため、「コアラいいですね!」「ヨッシー、カラフルですね!」とそれぞれ40回ずつ言われた。なおクルーのAIには、ゲスト同士の会話が盛り上がっていても気にせずに割り込んでくるバグがある。夜は551の肉まんなど。

6月9日(木)
朝一で京都に移動。観光タクシーを利用。おじいちゃんの運転手さんが詳しく案内をしてくれる。三十三間堂にて千手観音を拝観。それぞれ手彫りであるが、非常にそっくりに作られている。案内によると、真ん中に置かれた運慶の作とされる1体が手本となり、他の仏像が作られたとのことであったが、その1体の特徴は他のそれと全然違っているように見えた。この日記を書いている今、改めて調べたところ、それは運慶の銘が偽物である可能性が高いとのこと。モノを見る目の重要さを再認識するとともに、近日の美学の勉強が功を奏している喜びを感じる。その後、竜安寺や大徳寺、源光庵、東寺などを見学。夜は鴨川の床。食後、ちょっと散歩をして南座や八坂神社を見学。勉学が深まる一日。

6月10日(金)
当初は琵琶湖見学の予定であった最終日を、急遽変更してもう1日観光タクシーを利用。先日のおじさん運転手の歯医者が終わってからの集合。朝一番は、昨夜発見した南座の舞台裏見学に参加。回転舞台を体験する。その後、清水を眺めて祇園の豆虎で昼食。白い味噌汁が美味。その後、御所や大丸創業者が通い詰めた神社などを巡拝。最後に拝観した身代わり不動でベルトがちぎれる。明らかに縁起がよい。新幹線ギリギリまで遊んでビールを飲んで帰宅。

6月11日(土)
帰宅一番で業務多数。朝から多忙。妻はさすがに疲れがたまって寝込んでいるので、朝昼兼で鳥天丼の出前。各種業務を夕方までこなして夜はカレー。

6月12日(日)
コンサル講座のお申し込みが多数あって多忙な一日。嬉しい悲鳴。貯まっていた添削をさらにこなして、夕方にはココナラの講座をアップロード。夜、デッサン用の画用紙と水彩紙を追加注文。紙を買うのが好きすぎて、ウォークインクローゼットが紙倉庫になっている。その問題を妻に指摘されたときには、「作家が文房四宝を集めて何が悪い」と開き直る予定である。

6月13日(月)
下半期の占い記事に新しい依頼が追加される。原稿執筆など多忙。

6月14日(火)
コンサル業務多数。隙間に原稿執筆。夜、注文していた画用紙が届いた。デッサン用の紙はA3サイズのシリウスという紙で、水彩紙としても使える厚手のもの。これをA4サイズにカット。そして高校生の時から愛用している24穴の穴開けパンチを使ってルーズリーフ用の穴を開けて、マルマンのスケッチブックタイプのバインダーにとじる。これを書斎の机の横の本棚に刺しておけば、いつでも気が向いたときに絵が描けるのである。これで完璧なデッサン環境が整った。この作業が一番面白いのは言うまでも無い。

6月15日(水)
多忙。帰宅後の多忙が大変なので早くも息抜きがしたくなり、16日を休日にする。身代わり不動で壊れたベルトの代わりを探すため、御殿場アウトレットに行くことを検討。

占い師になりたい
すべての人へ!

占いのプロとして活動するために役立つ4本の動画を無料プレゼント中です!