カラスの夢占い~カラスが抱える文化的な意味と夢の話

 日本の文化において、カラスは普通の鳥ではありません。その鳴き声にも色にも佇まいにも、様々な言い伝えが秘められています。基本的には凶兆として考えられることの多いカラスですが、時には吉兆のシンボルを演じることもあり、非常に不可思議で面白い鳥であるといえましょう。サッカー日本代表のエンブレムにもなっている「八咫烏」は、紛れもないカラスですが、神の使であり、神話の中で神武天皇の道案内をしたとされています。今回は、文化の中でのカラスの意味をざっと確認して、夢占いにおけるカラスの意味を改めて考察したいと思います。

カラスとは何か

 夕暮れに鳴き声を聞くと、どことなく不吉な気持ちになるカラスですが、スピリチュアルな世界での意味は吉凶が混濁としてどちらともとれない複雑な立ち位置にいます。まずは、カラスの特徴と文化的背景をおさらいしてみます。

カラスは実に知能が高い鳥

 カラスという鳥は、賢さの象徴としても知られています。人の顔を覚えていたずらした人に仕返しするという話は有名です。イソップ寓話集では、水の中に石を入れて水位を上げる知恵を披露していますが、実はカラスは、本当にそれができることが実験で証明されています。

 カラスは、鳥類の中では、体重に占める脳の割合が大きい鳥です。一般には、体が小さい動物ほど体重に占める脳の割合が大きくなるというハラーの法則が認められていますが、カラスはスズメよりずっと脳の割合が多いのです。また、同じくらいのサイズの鶏と比べると、実に5倍の脳を持っているとされています。

カラスによる占いと烏勧請

 カラスは嫌われ者の鳥というイメージが強いですが、意外なことにカラスと縁が深い神社も多く、熱田神社では投げた餅をカラスが食べるかどうかで、収穫の善し悪しを占う烏食いの神事が行われます。厳島神社では、三カ所に分けられた米のいずれをカラスがついばむかによって、種まきの時期を決める占いの一種である御鳥喰の神事が行われています。これらは鳥占の一種であると考えてよいでしょう。

夢占いにおけるカラス

 カラスが登場する夢を見る人は意外と少なくありません。これはカラスが日本の神話にも登場する意味深い鳥であるからということもあるでしょう。そして何より、夕暮れを伝えるカラスの鳴き声のもつ不吉なイメージ、もしくは恐怖をあおる映像に登場するカラスの眼光などといった、日本の文化に根付いたカラスの意味が、人の心に深く根ざしているのだと思います。

カラスが登場することの基本的な解釈

 カラスの意味には吉凶様々ありますが、やはり夢占いとしての代表的な解釈は凶兆です。トラブルや災難の前兆としてカラスが夢に現れると考える向きが強いため、カラスが夢に出てきた場合には注意を喚起せねば、せっかくの夢のお告げを尻に挟んでしまうことになります。ただし、カラスが登場するシチュエーションによって、その意味は様々ですので、以下の文章を読んで最も近い状況のそれを判断してください。

カラスの鳴き声

 カラスの最大の特徴でもある鳴き声が聞こえる夢は、誰かに悪口を言いふらされる前兆であると考えられています。夢占いではありませんが、俗信として「カラス鳴きが悪いと人が死ぬという」言い伝えが全国的に見られます。カラスの鳴き声には不吉なイメージがつきまとうものです。夢占いとしては、人の死を連想するほどのものではありませんのでご安心ください。あくまでも対人関係のトラブルの兆しであると考えて気を引き締めるのがよろしいと思います。

カラスに睨まれる夢

 カラスの鋭い眼光ににらまれる夢は、自分自身に対して敵対する人が現れることを示しているとされています。特に大量のカラスが登場するなら、それは敵が多いことを示していると考えられます。しばしば、カラスは光るものを求めて追いかけるといわれています。夢占いとしても、このことは考慮に入れて解釈するべきです。すなわち、カラスににらまれる夢は、自分自身の持っている光り輝くものを狙って人が敵対すると解釈するべきです。狙われるべきものを持っている、もしくは持つという点においては吉兆とも解釈できるでしょうが、注意が必要な状況であることには変わりありません。

カラスを捕まえる夢

 カラスを捕まえる夢は、トラブルの種を自ら抱え込んでしまうことの前兆と解釈されます。自らの欲によって、甘い話にくるまれた外患を誘致している恐れがあります。余計なものに欲目を出さずに、実直に生きることによってこの問題を回避することができるでしょう。

カラスに襲われる夢

 夢の中で襲い来るカラスは、自分に迫り来るトラブルを表していると考えられます。それに対してどのような反応をしたかによって、この夢を解釈することができるでしょう。例えば、必死に逃げたなら、すんでの所でトラブルを回避できるかもしれませんが、よけきれなかった場合には痛手を受けるかもしれません。反対にやり返してカラスを撃退したなら、それはトラブルや問題をはねのける吉兆夢と解釈してよいでしょう。

カラスの死骸がある夢

 カラスの死骸は珍しいものです。というのは、カラスは死骸を人目にさらすことが少ない動物だからです。弱ったカラスは人目につかないところに隠れてこっそりと死に、しかもその亡骸は共食いによって始末されることもあるそうです。また、夢占いにおけるカラスは死と再生を意味しています。それ故に、カラスの死骸を見る夢は、特別ラッキーな出来事によって自分自身が生まれ変わる夢であると解釈するのが適切であると思います。

妊娠中に見るカラスの夢

 カラスの夢には不吉な意味が多いので、夢にカラスが現れると心配になってしまうことでしょう。特に妊娠中であったなら、それはなおさらのことと思います。しかし、どうやら妊娠中に見るカラスの夢は吉夢である可能性が高いです。特にカラスの巣が登場した場合には、子孫繁栄という意味があるそうです。妊娠中は不思議な夢を見ることも多いと思いますが、不吉に見える夢でも必ずしも悪いとは限りません。心配な場合は一人で悩まずに専門家に相談するのも手です。

まとめ

 基本的にいやなイメージで見られるカラスですが、天皇の道案内をするなど、ほかの鳥とは比較にならない大活躍をすることもあります。「髪はカラスの濡羽色」や「烏に反哺の孝あり」など、カラスを含むよい意味の言葉も伝わっています。特定の分野で特に活躍する3人をまとめて「3羽ガラス」ということもあります。カラスの持つ意味の奥深さを考慮しつつ、夢のお告げとしての警告には素直に耳を傾けることで、適切な占いをすることができると思います。

五十六謀星もっちぃと
話してみる!

占いのプロとして活動する五十六謀星もっちぃに、様々なご相談ができます!