プレゼントをもらわない男性心理~欲しがらない男たち

この記事は約5分で読めます。

 占いの相談において、相談者の女性が好きな人に何かをプレゼントするというシーンはしばしば見られます。そういうときに女性陣は、喜んでくれるか、そして受け取ってくれるか、途方も無い緊張感に震える心境になります。しかし、時として男性は残酷にも、そのプレゼントを受け取らないという結論を出すことがあります。これはどのように解釈するべきでしょう。今回はプレゼントや差し入れを受け取らない男性心理を考察します。

プレゼント拒否は愛情拒否と同義か?

 好きな男性にプレゼントや差し入れをしたときに、それを受け取ってもらうことができなければとてつもないショックを受けるものです。女性目線で考えると、ちょっとしたプレゼントすら受け取ってもらえなかったとしたら、もはやその関係に未来がないと思って絶望してしまうこともあるでしょう。しかし、男性心理を理解すれば、本当にそれが完全な絶望を意味しているとは限らないことがわかります。

物をもらいたがらない男性たち

 男は根本的に見栄っ張りです。そんな男が未だにいるのかと笑われそうな話ではありますが、男性の中には他人に、特に女性に物を「恵んでもらう」ことに対して抵抗を持っている人がいます。これは飲食店で気楽にごちそうされることを嫌ったり、割り勘で自分がおまけをしてもらうことに引け目を感じる心理の延長線上にある感覚です。それなりに高級なものや食べ物だとその傾向が強く出がちです。「人から物をもらう」という行為そのものに抵抗を感じる男性は意外と多いのです。

お礼を受け取らない男性心理

 ただ差し入れやプレゼントを渡しても受け取らない男性に対して、今度は何かのお礼としてものを渡そうとするとどうでしょう。頑固な男性は、それでも受け取らないかもしれません。それは、お礼を受け取ることで、単なる物々交換になってしまうことを懸念しているのかもしれません。お礼を受け取るということは、一部の男性にとって、自分のしたことがチャラになるという意味で解釈されるものなのです。

男性心理の根本は役立ちたいということ

 男性は、相手の役に立つことによって自分の存在に自信を持つという傾向があります。人の助けは受けず、何でもできる男でいたいという気持ちとともに、周りからも頼られる実力者でいたいと思うようにできているのです。それ故に、物はもらうものではなく、あげるものなのです。

 そんな男性にとって、プレゼントや差し入れをもらうことは、少しハードルが高いことです。そういったものを受け取ってもらうには、かなりの親密さが必要になります。それはつまり、多少のものをもらってもまだまだ自分が役立っていると完全に確信できるくらいにその男性から何かをしてもらっている状態になる必要があるという意味です。

まだタイミングではないという可能性

 男気ゆえにものをもらうのが苦手な男性ばかりではありません。中には単純に、物をもらうにはまだ早いと思っている男性もいるでしょう。仲良くなりきっていないとか、あるいはまだ付き合っているわけでもないとか、それぞれの男性によって言い分はあると思います。誠実な男性は、もらえる物はもらっておこうとは思わないのです。

占いとしての着眼点

 受け取ってもらえない理由が上述のような男気や男性の誠実さにあるなら、これはむしろ好意を寄せられている可能性も高くあります。男気の場合は「好きな女にものを恵んでもらう訳にゃぁいかねぇ」という太鼓が鳴り響くような男気を発動している場合もあるでしょう。まだタイミングではないというのも、いずれは受け取るべき時が来るという可能性を秘めているわけです。占いの目線でこれらを判断するための重要な着眼点を考えてみようと思います。

プレゼントはなんだったのか

 まずは、プレゼントがなんだったのかを考えることは大切です。それなりに重みがある高級品だった場合などには、男気もタイミングもじもじも、両方とも発生しやすい条件がそろっているといえます。特にお礼の品として、男性にしてもらったことに見合わない立派なものを渡してしまうこともしばしばあります。心ある男性はその受け取りに躊躇するのも自然です。たとえ相手が年下の男性であっても、立派すぎるプレゼントは十分な人間関係ができてからにするべきです。

相手が拒絶したがる性格ならあげない方がいい

 先述のような男性心理を持っている男性には、どうしてもプレゼントをあげなければならない事情がないなら、何も送らないという選択を検討するべきです。何せ、喜んでもらって気に入ってもらうためにすることであれば、逆効果になってしまうからです。

 特に年下男子に恋をしている大人女子の場合は、注意が必要です。相手がかわいくて仕方がないから何でもあげたくなってしまうものですが、相手が芯のある男子だった場合、物を持たせようとする女性に対しては性愛的魅力ではなく、親戚のおばさんのような印象しか持たれなくなることもあるのです。どんな関係性だったとしても、恋愛がしたいなら相手を一個の男として認める意識は大切です。

とっかかりを作れるかどうかを判断するポイント

 プレゼントでとっかかりを作ることができるかどうかを判断する最終的なポイントは、プレゼントの授受以外の行動から見ていくしかありません。相手の男性の性格が「役立つ男でありたい」という男性心理から、物をもらうことがいやで断っているとするなら、相手の男性から何かをしてくれるかどうかで気持ちの有無を判定することができます。つまり、好意はあるけれど受け取りたくないだけの場合には、男性側からの差し入れや優しい行動がなければおかしいのです。

まとめ

 タイミングの善し悪しや相手の男性の性格を占いでじっくりと検証して判断すれば、プレゼントを受け取ってもらえなかった状況の裏側はしっかりとつかむことができるはずです。そんな状況下での相談者さんは、取り乱すような心境に合っている場合も少なくありませんので、慎重にフォローして差し上げつつ、男性心理を説明することができれば、確かな信用につながるのではないかと考えます。

タイトルとURLをコピーしました