保活の実態!子供を保育園に入れる手続きと難易度

 お子さんをお持ちの方はもちろんのこと、占い師を生業としている人なら、もしかすると「保活」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。保活とは子供を保育園に入れるための活動のことです。保育園の不足から来る社会的問題、すなわち待機児童の問題は世間で取り沙汰されていますが、この問題を占い師の目線で役立つ情報としてまとめてみました。子供を持つ女性の仕事に関する占いのための基礎的知識として役立てば幸いです。

そもそも保育園とはなんなのか

 保育園が何をする場所かを知らない人はいないと思いますので、そんなことから書き始めたら、読むのをやめられてしまいそうですが、あえて厳密な定義を説明します。保育園とは、親の病気や仕事などのやむを得ない事情があって、家庭内で十分な保育を受けることができない0歳から小学校入学までの子供を保育する児童福祉施設です。根本的に、幼児教育の場である幼稚園とは意味合いが違い、誰もが入らなければならないものではないのです。

認可保育園

 保育園と一口に言っても、いろいろな種類があります。世間で特に注目されていて、しばしばニュースで耳にするのは、認可保育園の話題かもしれません。これは、国や自治体からの補助金を受けて運営される保育園で、私立のものと公立のものがあります。いずれの場合も、面積や園庭、保育士の数や衛生状況などについて定められた厳しい基準を満たしています。保育料も安く、親の収入によって金額が変動しますが、深刻な負担にはならないように設定されています。多くの人は、費用的にも環境的にも安心の認可保育園への入園を保活のゴールと考えています。

認証保育園

 認証保育園とは、認可保育園としての基準は満たさないものの、十分に安全な保育ができる環境であることを自治体が認めた保育園のことです。東京や横浜などの大都市に見られます。大都市圏では、十分な安全対策や衛生対策があっても、大きな土地を確保することが難しいことから、面積や園庭の基準を満たすことができずに認可保育園になれないことも多いために、このような制度があります。環境的には認可保育園に準ずると考えてよいでしょう。

無認可保育園

 様々な事情で国からの認可も自治体からの認証も受けていない保育園を認可外保育施設、または無認可保育園と呼びます。これは、決して闇営業をしているわけではなく、ちゃんと届け出を行って正式に事業を行っています。無認可になっている理由は、面積的な理由や人員的な理由のほか、認可保育園では保育料を任意に決めることができないので、認可保育園よりもさらにハイレベルなサービスを提供するために、あえて無認可という携帯で運営している保育園もあります。その実態は玉石混交で、高度な幼児教育を授けることができる、月額20万円くらいかかる高級な保育園から、子供を危険にさらしかねない低劣な保育園まであります。国や自治体からの援助がないため保育料は基本的に高額です。

占い目線の着眼点

 保活に関して占い師の目線で重要な着眼点をまとめてみました。

地域による格差

 保育園の運営は基本的に自治体の裁量です。総理大臣が国の問題として待機児童について取り上げることもあり、全国的な問題との認識が生まれていますが、実際には地域によってかなりの格差があります。また、大都市であるか田舎であるかによって決まるものでもありません。例えば大阪では、待機児童の問題はほとんど完全に解消されました。東京や横浜においては、保育園の問題は極めて深刻です。中には保育環境の善し悪しによって引っ越しを検討する人もいます。新婚さんの引っ越し占いにおいては、そういったことも視野に入れるとよりよい場合もあるでしょう。

申請の手続き

 保育園の運営方法は、各自治体によって異なりますので、全国一律の方法はありません。基本的には居住している自治体が申請書を配布しています。一部の地域では、インターネットから申し込みを行うこともできるようです。保活競争の激しい地域では、こうした手続きを妊娠中から行う場合もあるそうです。迅速な対応が必要であることを占い師が意識しておくと占断の役に立つかもしれません。

「指数」によって判断される優先順位

 保育園に受かるかどうかを質問の対象にされることはあまりないかもしれませんが、保育園に入るための基準について理解しておくことも、この手の占いに長じた占い師になるには役立つ情報です。実は、保育園に入園する順位は、「指数」と呼ばれる点数で判断されています。

 これは、保育が必要な家庭に保育を届けるという福祉施設としての前提にも届いて定められているといえます。実際の運用は自治体によっても多少異なりますが、基本的には同じような仕組みです。まず、父親と母親それぞれの状況から基準点が算出されます。これは、就労状況や健康状態、介護が必要な家族の有無などによって算定されます。なお、遺憾なことに在宅で仕事をしている場合には、保育の必要性が低いと判断されて、指数が下がるそうです。逆に離婚している場合には、かなり優遇される仕組みになっています。

 基準点のほかに、兄弟が同じ園にいけるような配慮や、すでにベビーシッターなどの有償サービスを利用している場合に加点される調整指数というものもあります。もしも健康な祖父母と同居している場合は、この指数が減点されます。こうした調整指数と基準指数の合計が高い順から、希望の保育園に入れるかどうかの審査が行われるという仕組みなのです。

まとめ

 保育園の問題は占いのテーマとも密接に関係しています。シングルマザーであれば保育園は比較的決まりやすいとされています。しかし、離婚していない家庭における仕事の相談などにおいては、保育園に入園できるかどうかが重要な問題です。合否を分ける指数や地域による格差を考慮に入れることで、こうした占いにおける精度は大幅に上昇するかもしれません。

五十六謀星もっちぃと
話してみる!

占いのプロとして活動する五十六謀星もっちぃに、様々なご相談ができます!