タロット占いの歴史~起源から普及までの道のり

この記事は約5分で読めます。

タロット占いの起源

元々は遊戯用のカード

 タロットカードは、元々貴族が使っていた遊戯用のカードにあるといわれています。記録に残る中で最も古いのは、1392年にフランス国王シャルル6世のために作られたカードです。精神が不安定な国王を慰めるために、「金色や様々な色で描かれた56枚の遊技札」を作らせたという記述が会計記録に残されています。このカードは現存しませんが、これが現在の歴史学が認めるタロットカードの最初の足跡です。

 現存するカードで最も古いのは、「ヴィスコンティ・スフォルツァ版」と呼ばれるもので、これは15世紀にイタリアで作られたものです。最初から無いのか偶然失われたのか、このデッキからは「悪魔」と「塔」という2枚の凶札が抜け落ちています。なお、このデッキの復刻版は現在でも入手可能で、占い道具になる前のタロットカードが体験できます。


【現存する最古のタロットカード】 ビスコンティ・スフォルツァ版タロット ロ・スカラベオ

宗教改革とタロット

 15世紀頃には、タロットカードは貴族社会だけのものではなく、庶民の娯楽の道具になっていました。トランプやサイコロとともに、ナイビと呼ばれるカードによるギャンブルが庶民の生活を堕落させているとして問題視されていました。宗教改革が本格化するとその動きは加速し、キリスト教会はタロットカードの絵柄にも目を光らせ、使用が禁止された時期もあります。この時代のタロットについては、『タロットの歴史―西洋文化史から図像を読み解く』の251ページあたりから詳しく書かれています。

エジプトがルーツは根拠なし?

 1781年に、フランスの考古学者クール・ド・ジェブランは、その著書『原始世界』において、タロットカードは古代エジプトに起源を持つ寓意画であるという説を唱えます。ジェブランはタロットカードに、エジプトの神官が書いた書物の一端であるというバックグラウンドストーリーをつけて神秘性を与えました。

 この説には何ら歴史学的な裏付けはありませんでしたので、歴史学の世界では何ら注目されませんでした。史実がどうであるかどうかは別として、ジェブランの唱えた説は、占いの道具としてのタロットカードの発展につながっていきます。

エテイヤが作ったエジプト風のカード

 ジェブランがタロットのエジプト起源説を唱えた頃、パリの街では「世界初の職業占い師」を自称するエテイヤ(英語読みではエッティラ)という男性占い師が活動していました。彼はジェンブランの説に触発されて、エジプト風の絵柄のタロットカードを作りました。これが世界で最初の占いのためのタロットカードのデッキであると言われています。


THE BOOK OF THOTH ETTEILLA TAROT ブック オブ トート エッティラ タロット

続々生まれるオリジナルタロット

アーサー・E・ウェイトのタロット

 現在、広く市販されているタロットカードの中で、最も一般的なものは、アーサー・E・ウェイトが、魔術結社である「黄金の夜明け団」の解釈に基づいて制作したタロットカードです。このカードは、ウェイト版、もしくは版元の名前からライダー版などと呼ばれています。

Pamela Colman Smith circa 1912.jpg
Wikipedia
パメラ・コールマン・スミス 」より引用

 カードの絵柄は、ロンドンの画家パメラ・コールマン・スミスによって描かれました。そのことからこのデッキをウェイト=スミス・デッキと呼ぶこともあります。特に数札である小アルカナのデザイン性を高めて、カードを理解しやすいものにしたことは、パメラの功績によるところが大きいと言われています。


[日本語解説書付き] タロットカード ライダー ウェイト スタンダードサイズ タロット[関東タロットリーディング研究会指定商品]

クロウリーのトートタロット

クロウリー
月刊ムー公式ウェブ
享楽の妖術師 アレイスター・クロウリー」より引用 

 イギリスの高名な魔術師、アレイスター・クロウリーの生み出したトートタロットは、今日でも愛用者の多いタロットのデッキです。このカードは元々、クロウリーによるタロット占いの解説本である『トートの書』の挿絵として、ロンドンの画家フリーダ・ハリスによって描かれたものでした。この挿絵を元にして、クロウリーの死後カードとして出版されたのが現在のトートタロットです。


T0208 【20世紀の魔術師アレイスター・クロウリー】トートタロット スタンダードサイズ ブルーボックス<AGM>

以降も新しいカードが作り続けられる

 エテイヤのタロット以降、今日に至るまで、作者の哲学やアイディアを詰め込んだ新しいカードが次々と作られ続けています。すでに数え切れないほどたくさんのタロットのデッキがこの世に存在していますが、その多くはウェイトが作成したカードをベースにしています。

 グミベアタロットやマカロンタロットなどは、とてもかわいらしいデザインで大人気ですが、ウェイト版に準拠した絵柄でとても読みやすいものになっています。


グミベアタロット【缶ケース入り】【日本語冊子付】


マカロンタロット Ver.3

 近年ではゲームやアニメのキャラクターとコラボレーションしたカードも作られています。筆者は、ドラゴンクエストの愛好家で、ドラゴンクエストのタロットカードは特にお気に入りです。ちなみに、現在ではプレミアになっているドラゴンクエスト4に登場する「銀のタロット」やエヴァンゲリオンのタロットなんかも秘蔵しています。


ドラゴンクエストX タロットカード

参考資料

偉人たちの素顔~世界史コラム  https://history.ashrose.net/archives/832

タロットの歴史―西洋文化史から図像を読み解く』 井上 教子

タロットの秘密』バーバラウォーカー

タロット占い完全マニュアル』浅野太志

タイトルとURLをコピーしました