占い師になるには

占い師になるには

職業占い師になるには「稼ぐ」ことへの意識は必須なのか

プロの占い師として活動するからには、ブログでもココナラでも、しっかりお金を稼ぎたいものです。しかし同時に、占いで稼ぐことに対してのネガティブなイメージを持ってしまう人がいることも確かなようです。余計や横やりを取り払って、適正に稼げる占い師になるための考え方、占いと金銭についての秘話も含めてとっくりと解説します。

占い師になるには

アスペルガー・ADHDは占い師として天才である可能性が高い

最近、発達障害を抱えた大人が話題に上ることが、以前よりも多くなっているように思います。彼、彼女らは、実は占い師という仕事に相当向いているのではないかと筆者は考えています。アスペルガー・ASD・ADHDの人々が持っている特別な才能を生かす道筋として、様々な角度から彼らの能力を検証してまとめてみました。

占い師になるには

お客様の誕生日をお祝いするということ~占い師とお客様の距離感

お客様の誕生日を祝うことはとても大切です。信頼関係の構築の点からも満足度の点からも、そしてマーケティング的な視点からも非常に効果が高いようです。反対に、誕生日を祝わなかったことでクレームに発展する例もあります。占い師はお客様の誕生日を聞く可能性が高い仕事ですから、しっかりと生かしたいところです。

占い師になるには

たとえ話と占いの表現~抽象的な鑑定結果を具体化する技術

占いを伝える会話の中で、その技巧がもっとも現れるのはたとえ話の巧拙かもしれません。たとえ話を上手に織り交ぜて、抽象的な占いの結果をより具体的なものにしていく方法を考察しながら、話のわかりやすい当たる占い師になるにはどうすればよいかを検討してみたいと思います。
占い師になるには

占い師が狭いコミュニティにこもり続けることの問題点

狭いコミュニティに居続けると正しい価値基準がわからなくなってしまいます。人間関係を広く持つことには其相応のメリットがあります。特にビジネスの視点で、何より占いというビジネスの視点で、人間関係とコミュニティを広げることの意義について解説したいと思います。

占い師になるには

客層を上げてスリ減らない占い師になるには

占い師という仕事を続けていると、残念ながら、まれにこの人だけはどうしても対応できないという困ったお客様がやってきます。良識のある占い館や電話占いサイトに所属していれば、そういった客層は運営が排除してくれます。しかし、それだけに頼らずに占い師自身も自衛の策を講じて、お客様の層をあげていく努力が必要です。

占い師になるには

告白を考える! 手段・シチュエーション・タイミング

愛の告白という甘美な儀式の実態を、いくつかのデータを元に検証して、占いで告白の成功率を上げる方法を考えてみました。タロット占いや生年月日の占いによって告白の成功率を上げるにはどうするのがよいかを検討しています。そもそも告白が必要なシチュエーションとは何かに立ち返って深い目線で告白を考察します。

占い師になるには

元実技試験官が教える占い師になるにはどうすればよいのか

占い師になるにはどうすればよいのか、元電話占いサイトの実技試験官にして現役占い師の筆者が、幅広く解説します。霊感や資格など、必要なものはあるのか、どのような勉強をするのがよいのか、そしてどのような仕事があってどれくらい儲かるのか、占い師という職業について知りたいことのすべてにお答えいたします。

占い師になるには

当たり外れと占い! 占い師になるには避けて通れない重要課題

占いにおける最も重要な要素の一つは、当たり外れです。占い師にとって、占いが当たることはとても大切なことですし、当て物ができなければ適切なアドバイスもできないかもしれません。電話占いの面接官としての経験を踏まえて、当たる占い師になるためにはどんな考え方が有効かを検討してみました。

占い師になるには

占い師という仕事で疲れてしまったときに読むブログ~疲れの傾向と対策

占い師という仕事をしていると、時として疲れに襲われてしまうこともあるかもしれません。会話をすることそのものの疲れや、お客様との相性や不安など、様々な疲れの原因があります。こうした疲れの原因を分析し、疲れに立ち向かい、乗り越えて仕事を続けるためのアドバイスを現役の占い師の目線でまとめてみました。

タイトルとURLをコピーしました