占いの目的と文芸の目的

文芸が伝えるものと占いが伝えるものにはどのような違いがあるかを説明します。夏目漱石が考えた文芸の役割と現場の占い師の抱く役割の違いを説明します。

続きを読む »

占星術師がパソコンを使う意味

 占星術師はパソコンを使って占います。もちろんそれは、コンピューターが出す答えを読み上げるという使い方ではありません。相談内容に応じて、占いに絶対必要な材料であるホロスコープ(星の位置をしるした図)を計算するために使うの

続きを読む »

手塚治虫のホロスコープ解読

今日のターゲットは手塚治虫氏です。最近また手塚熱が呼び起こされてきたのです。自伝によると、氏は占いが大好きだったそうです。代表作『火の鳥』では、 占いで政治を行う為政者をこき下ろしていましたが、本人は大道易者をよく利用し

続きを読む »

石ノ森章太郎のホロスコープ解読

今回のテーマ図は石ノ森章太郎のホロスコープです。偉人のネイタルから個人の性格を見てもしょうがない様な気がしているこの頃。前回同様に太陽回帰図から年運を読むという形でやらせていただきます。時は1954年。石ノ森がマンガ家と

続きを読む »