占い哲学

占い師になるには

職業占い師になるには「稼ぐ」ことへの意識は必須なのか

プロの占い師として活動するからには、ブログでもココナラでも、しっかりお金を稼ぎたいものです。しかし同時に、占いで稼ぐことに対してのネガティブなイメージを持ってしまう人がいることも確かなようです。余計や横やりを取り払って、適正に稼げる占い師になるための考え方、占いと金銭についての秘話も含めてとっくりと解説します。

占い関連知識

占いが示す「現在」の意味!「今この瞬間」の占い哲学

占いでは、過去と現在と未来という三つの時間軸を使って流れを表現することがあります。しかし、この現在というものはなかなかのくせ者です。果たして現在とは、占った瞬間のピンポイントを指しているでしょうか。時間に関する考え方をまとめた、ちょっと小難しい占い哲学の記事です。

占い師講座

占いの料金設定についての再考~値段の基準と理想型

プロとして占いの仕事をするからには、料金を設定することを避けて通ることはできません。今回は、占いの料金の定め方にスポットを当てて、様々な視点から最適な占いの料金の考え方にアプローチしてみたいと思います。時間制のメリットデメリットを始め、様々なマネタイズの方法を検証しています。

占い関連知識

カラスの夢占い~カラスが抱える文化的な意味と夢の話

カラスという鳥が文化の中で担っている意味について考察しつつ、夢にカラスが出てきた場合の夢占いの解釈を説明します。俗信や神話のなかでのカラスの意味にも考慮を寄せつつ、真剣に検討する夢占いです。妊娠中のカラスの夢やカラスの死骸などにも考察を加えています。
占い師になるには

アスペルガー・ADHDは占い師として天才である可能性が高い

最近、発達障害を抱えた大人が話題に上ることが、以前よりも多くなっているように思います。彼、彼女らは、実は占い師という仕事に相当向いているのではないかと筆者は考えています。アスペルガー・ASD・ADHDの人々が持っている特別な才能を生かす道筋として、様々な角度から彼らの能力を検証してまとめてみました。

占い師になるには

たとえ話と占いの表現~抽象的な鑑定結果を具体化する技術

占いを伝える会話の中で、その技巧がもっとも現れるのはたとえ話の巧拙かもしれません。たとえ話を上手に織り交ぜて、抽象的な占いの結果をより具体的なものにしていく方法を考察しながら、話のわかりやすい当たる占い師になるにはどうすればよいかを検討してみたいと思います。
占い関連知識

占いと迷信~そもそも迷信とは何なのか

占いとは迷信なのかについて、占いの根拠を考察するなどという野暮な視点ではなく、迷信という語の定義から考察してみます。現役の占い師の目線からではありますが、なるべくニュートラルに、占いが迷信である場合とそうでない場合を切り分けてみました。

書籍の紹介

『「複業」のはじめ方』の紹介と感想

会社に頼らずに自分の生活の糧を自分自身で調達する方法を持つことが叫ばれている現在にあって、良い意味でやや保守的な視点からもう一つのキャリアを持つことを推奨しているのが『「複業」のはじめ方』という書籍です。会社を辞めずに「静かな複業」をしながら、自己実現をする人生を詳しく説明している本書を占い師が読んだ感想です。

占い師になるには

占い師が狭いコミュニティにこもり続けることの問題点

狭いコミュニティに居続けると正しい価値基準がわからなくなってしまいます。人間関係を広く持つことには其相応のメリットがあります。特にビジネスの視点で、何より占いというビジネスの視点で、人間関係とコミュニティを広げることの意義について解説したいと思います。

占い関連知識

占い師が時代と若者を理解することの意義

占いという技術は未来を見るためのものです。その占いを司る占い師が、今という時代すらも理解できずに過去を引きずったままであるなら、その占いはおそらく当たらないでしょう。占いを的中させるために必要な「今」を学ぶことの意義について、多角的に検証してみました。

タイトルとURLをコピーしました